あの人もでるかも「まちのちいさな図書館のつくり方」オンライン講座

みんなの図書館 さんかく焼津・さんかく沼津を運営する(一社)トリナス 主催のオンライン講座が4月から始まります。

人口14万人の港町・焼津市、シャッター通り化の進む駅前通り商店街の空き店舗を借りて、スタートした私設図書館「みんなの図書館さんかく」、この場所で何が起きているのか?
このオンライン講座では、 (一社)トリナス代表理事・土肥潤也さんが講師となり、全国に広がる姉妹館のみなさんを交えながら、ちいさな公共空間“みんなの図書館”のつくり方を学んでいきます。

さんかく沼津の本棚オーナーさん、あひる図書館中島あきこさんも登壇予定。静岡東部のみなさんもお話も聞けそうです。

市民がつくる“ちいさな公共”の大切さについては、土肥さんのnoteで詳しく紹介されています。

参考 【募集中】まちのちいさな図書館のつくり方講座、はじまります。Junya Dohi/note

参加特典として、みんなの図書館さんかくで使用している書類一式(同意書、お店番マニュアル、本棚オーナー管理表、感想カード等)、Facebookグループ「一箱本棚オーナー図書館の相談ルーム」への参加権がつきます。

4月14日(木)
第1回 みんなの図書館さんかくの基本的な仕組み
みんなの図書館さんかくの基本的な説明、図書館の運営の仕組み


4月28日(木)
第2回 図書館をはじめるためにしておいた方が良い下準備はなに?

ゲスト

  • 守本陽一さん(本と暮らしのあるところ だいかい文庫/兵庫県豊岡市)
  • 白鳥みのりさん(みんなの図書館ぶくぶく/新潟県燕市)

5月12日(木) 
第3回 本棚オーナー/お店番さんの話を聞こう
みんなの図書館さんかく・さんかく沼津の本棚オーナーさん、お店番をしている人に聞く図書館の魅力


5月26日(木) 
第4回 私設図書館を運営する際の注意点/図書館というプラットフォームがあるからできること


6月9日(木)
第5回 どうしたらいろんな人が参画する図書館がつくれるか?

ゲスト

  • 佐々木雄介さん(いとなみ/福島県西会津町)
  • 中島あきこさん(あひる図書館/静岡県三島市)

6月23日(木) 
第6回 ふりかえり
ここまでの会を経ての質問への回答、ふりかえり
※ 通し参加チケット購入者のみ参加可能


[まちのちいさな図書館のつくり方]
開催期間:2022年4月14日(土)〜6月23日(木) 各回19:30〜21:30
参加費:各回 3,500円(通し参加費 2万円)
申込締切:2022年4月8日(金) 23:59まで
チケット購入:まちのちいさな図書館のつくり方/PassMarket
※ 全国の姉妹館の運営者、一箱本棚オーナー、オンラインサロン「まちづくりの実験室」の会員は割引クーポンのご案内があります。各

[三島]この秋、「あひる図書館」開館。本棚オーナーも募集中 [沼津]みんなの図書館さんかく沼津 のはじまりは「公開妄想会議」から