[三島]みんなだいすき!佐野美術館でせなけいこ展

『ねないこだれだ』(1969年、福音館書店)©Keiko Sena 

絵本『ねないこだれだ』『めがねうさぎ』の作者として知られる絵本作家のせな けいこさんの展覧会が5月29日より三島市・佐野美術館ではじまります。

展覧会では、代表作のひとつ『ねないこだれだ』誕生50周年を記念し、絵本デ ビュー作の「いやだいやだの絵本」4冊シリーズをはじめとする絵本原画貴重な資料など、約250点を展示。
これまであまり知られていなかった絵本作家デビュー前幻燈紙芝居の仕事もひもときながら、せなけいこの創作の全貌を紹介します。

小さな子どもでも楽しめるしかけがあるので、親子で行きたくなる展覧会です。

『いやだいやだ』(1969年、福音館書店) ©Keiko Sena 

プロフィール せなけいこ

絵本作家。1931年、東京都生まれ。童画家・武井武雄に師事して絵を学んだ後、 1969年「いやだいやだの絵本」4冊シリーズで絵本作家デビュー。うち1作の『ねないこだれだ』のおばけは、せな作品のトレードマークともいえる存在になった。 続く「あーんあんの絵本」4冊シリーズ、「めがねうさぎ」シリーズなど、今に読 み継がれる名作を多数生み出し、あらゆる世代に支持されている。 

『ふうせんねこ』(1972年、福音館書店) ©Keiko Sena 
『ルルちゃんのくつした』(1972年、福音館書 店)©Keiko Sena 

[『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展]

会期:2021年5月29日(土)~7月4日(日)10:00~17:00 ※ 入場は 16:30まで
会場:佐野美術館(〒411-0838 静岡県三島市中田町1-43
休館日:木曜
入館料:一般・大学生 1,100円、小・中・高校生 550円 ※ 毎週土曜は小中 学生無料
Offical:Web / Twitter / Facebook

[長泉]手に収まる、ささやくような「小さなデザイン 駒形克己展」 [沼津]生命力を描くKima Ridgeway「草展」