[長泉]画家であり、優れた版画家「版画家 ベルナール・ビュフェ」展

《モンマルトルのサクレ=クール寺院》1995 ドライポイント

フランスでは、油彩だけでなく、優れた版画作品も制作する画家を「パントル・グラヴール(画家にして版画家)」と呼びます。ピカソ、マティス、シャガールといった、20世紀を代表する画家の多くがそうであったように、ベルナール・ビュフェも版画作品を多く制作したパントル・グラヴールでした。

現在、ベルナール・ビュフェ美術館では「版画家 ベルナール・ビュフェ」展と題して、モチーフ、テーマもさまざまなビュフェの版画作品を展示しています。

同館で開催中の「或る画家の航海」展と合わせると、全館を通して200点を超えるビュフェ作品を鑑賞することができます。

この機会に、油彩と版画の技法による表現の違いをたっぷりとご堪能ください。

《アネモネのブーケ》1995 リトグラフ
《たいこうち》1964 リトグラフ
[版画家ベルナール・ビュフェ展]
会期:2020年3月20日(金)〜9月1日(火)
会場:ベルナール・ビュフェ美術館(〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘 515-57
連絡先:055-986-1300
開館時間:[4月〜8月]10:00〜18:00[9月〜10月]10:00〜17:00
入館料:一般 1,000 円/高・大学生 500 円/中学生以下無料
休館日:水曜日(8月6日〜18日まで全日開館。状況により変更の可能性があります。その場合は、公式Webでお知らせします)
Official:Web
[クレマチスの丘]
Official:FacebookInstagramTwitterYouTube