無料にしては豪華すぎる…「TECH BEAT Shizuoka 2020」7月15・16日に開催

https://techbeat.jp/tech-beat-shizuoka-2020/

7月15、16日の2日間、静岡県最大級のビジネスマッチングイベント「TECH BEAT Shizuoka 2020」が開催されます。

今回は、新型コロナウイルスの感染拡大により、参加者およびスタッフ全員の健康と安全を第一に考えるとともに、「フレキシブル性」「双方向性」「アーカイブ化」というオンラインだからこそ出来るメリットを活かしたオンライン開催です。

このイベントでは、台湾のコロナウィルス対策で話題となった”台湾の天才IT担当大臣”のオードリー・タン氏による基調講演のほか、ボサノヴァの歌姫 小野リサさんによる無料スペシャルライブも!

参考 台湾の天才IT担当大臣オードリー・タンに訊く、新型コロナウイルスの先にある未来の国家とはEngadget 日本版
7月15日開催プログラム(一部抜粋)
◯【トップ対談】 成長を続けるためのデータとの向き合い方
Speaker:髙島 宏平 氏 | オイシックス・ラ・大地株式会社 代表取締役社長
中西 勝則 | TECH BEAT Shizuoka実行委員長
西村 真里子 | 株式会社HEART CATCH 代表取締役 / TECH BEAT Shizuoka プロデューサー

◯シビックテックとは何か〜データと社会の本来あるべき関係性〜
Speaker:オードリー・タン 氏 | 中華民国政治家 【無任所閣僚の政務委員(デジタル担当)】/プログラマー
関 治之 氏 |一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事
若原 強 氏 | トレジャーデータ株式会社 エバンジェリスト

◯実例が示すポストコロナで見えてきたデザインの視点とデザインマネジメントの重要性
Speaker:田子 學 氏 | 株式会社エムテド 代表取締役 アートディレクター/ デザイナー
猿渡 義市 氏 | 株式会社日南 取締役 デザイン本部長
若原 強 氏 | トレジャーデータ株式会社 エバンジェリスト
7月16日開催プログラム(一部抜粋)
~アフターコロナへの挑戦~ コロナが教えてくれたこと、健康経営・医療は、国家安全保障の重要な柱である!
Speaker:池野 文昭 氏 | スタンフォード大学 Biodesign Program, Director

VUCAへの警鐘を鳴らし続けたX-TANK伊藤氏と考える ポストコロナを生き抜く大原則
Speaker:伊藤 嘉明 氏|X-TANK コンサルティング株式会社/ X-TANKインダストリーズ株式会社 社長&CEO

◯3次元点群データが拓く「VIRTUAL SHIZUOKA」
Speaker:杉本 直也 氏 |静岡県 交通基盤部 建設支援局 建設技術企画課 建設イノベーション推進班長

どの講演も、テクノロジー企業とのオンラインマッチングサービス「TAILOR WORKS」に登録すれば誰でも無料で視聴できます。
ビジネスマッチングイベントなので、新規登録にあたって会社情報の入力が必須ですが、個人でも登録・参加は可能です。

そもそも「TECH BEAT Shizuoka 2020」は、静岡県内企業とスタートアップ企業によるビジネスマッチングのためのイベントです。
期間中、約100社を超える注目のスタートアップ企業とオンラインで個別相談会が可能です。著名なスタートアップ企業のほか、最新テクノロジーで問題解決に挑む気鋭のスタートアップ企業が勢揃い!

「TECH BEAT Shizuoka 2020」公式Webより

詳しくは、以下の参加企業一覧をご覧ください。

参考 テクノロジー企業を探す/参加企業TAILOR WORKS

当日、都合が合わないという方、ご安心ください!
後日、アーカイブ動画が公開されるので、あらためて講演内容を視聴することも可能です。

そして、静岡県内にお住まいじゃない方もご安心を!
「TECH BEAT Shizuoka 2020」はオンラインイベントなので、県外の方も視聴可能だそうです。

 とにかく「TECH BEAT Shizuoka 2020」のことが少しでも気になった方、まずは「TAILOR WORKS」に登録を。

きっと刺激的なイベントになること間違いなしです。

[TECH BEAT Shizuoka 2020]
日時:7月15日(水)、16日(木)10:00〜18:00
参加料:無料
参加申込み:TECH BEAT Shizuoka 2020専用申込みサイト/TAILOR WORKS(当日も参加申込み可能)
Offical:Web