手紙がつむぐ物語…「夜空と交差する森の映画祭」

野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭」が、今年も開催されます。ただし、開催場所はみんなの“おうち”。

2018年に三島スカイウォークで「夜空と交差する空の上映会」
2019年には沼津・INN THE PARKで「夜空と交差する森の映画祭」として開催された森の映画祭プロジェクトですが、今年は自宅に届く5通の手紙を通じて、さまざまなオンラインイベントに参加しながら、ひとつの物語を体験します。

その世界観は「またね、」
今年の森の映画祭では、銀河の果て、みちなる遠くの世界へ旅立つ主人公「ぼく」とぼくを待つ「きみ」の物語が、あなたのもとへ届きます。

このイベントでは期間中、チケット購入者の自宅に、主人公「ぼく」から「きみ」への手紙が全5通届くそうです。
そして、手紙と連動する長編映画の同時鑑賞会やトークショー、スナックなどが1カ月間に渡って開催される予定で、スケジュールについては「7月の惑星旅行の旅程表」として公開されています。

イベントについては、ハッシュタグ「#森の映画祭」を使ってみんなで体験を共有できるそうです。

ひと月に渡る惑星旅行、みなさんも新たな旅に出てみませんか。

夜空と交差する森の映画祭 公式Web
参考 夜空と交差する森の映画祭2020
[夜空と交差する森の映画祭2020]
入場券:2,800円(全5回のお手紙 + 7月に自宅で楽しめる各種コンテンツへの参加権)
購入締切:6月26日(金) 23:59まで
開催期間:2020年7月1日(水)〜31日(金)
開催場所:購入者自宅
主催:森の映画祭実行委員会
公式SNS:FacebookInstagramTwitter
コンテンツ:主人公「ぼく」からのお手紙郵送/“とある長編映画”三本の公式同時鑑賞会/短編映画数十本のオンライン上映/7月に開催される自宅で楽しめる複数のコンテンツ

メインビジュアル
by夜空と交差する森の映画祭2020