短編集「Rider’s Story 」出版したい!オートバイブックスがクラウドファンディング挑戦中

オートバイ専門書店のオートバイブックスが3冊目の短編小説の出版に向けて、現在クラウドファンディングに挑戦中。

オートバイブックスは静岡県藤枝市在住の武田宗徳さんによる個人出版社であり、イベントを中心に出店する古書店でもあります。

2002年からバイクを題材にした物語のフリーペーパーを制作し、現在、北は青森から南は熊本まで全国で配布しています。

今回のクラウドファンディングでは、バイク小説短編集「Rider’s Story」のシリーズ3冊目にあたる「アクセルはゆるめない」の年内発行を目指しています。

バイクという乗り物は、風雨にさらされて、夏は暑いし、冬は寒い。荷物も満足に乗らないし、基本は一人で乗ります。便利さや快適さからは程遠い乗り物です。それでも、乗っている人、乗ろうとする人はたくさんいます。

それは、楽しいから。それだけの理由で多少の苦痛を受け入れても乗るんです。
バイクを題材にした短編小説のネタが尽きないのは、そんな乗り物だからなんだと思っています。

バイク小説短編集「Rider’s Story 」シリーズ3冊目を出版したい/CAMPFIRE より

暑くて寒くて孤独なのに替え難い楽しさがある、そんなバイクの世界に触れる最新作。読者になるならぜひクラウドファンディングにご協力を。受付締め切りは8月31日です。

参考 バイク小説短編集「Rider's Story 」シリーズ3冊目を出版したいCAMPFIRE

リターン

  • 2,000円 バイク小説短編集 Rider’s Story 『アクセルはゆるめない』+お礼&サイン
  • 5,000円 バイク小説短編集 Rider’s Story 『アクセルはゆるめない』+既刊本を2冊+お礼&サイン
  • 5,000円 バイク小説短編集 Rider’s Story 『アクセルはゆるめない』+オリジナルTシャツ+お礼&サイン
  • 3万円 オリジナルショートストーリー制作
  • 15万円 ショートムービー制作


[バイク小説短編集「Rider’s Story 」シリーズ3冊目を出版したい]

期間:〜2022年8月31日(水)23:59まで
クラウドファンディング:CAMPFIRE
Official :WebInstagramTwitter

[御殿場]冬の街を駆けていこう。今年の冬支度展テーマは「バイク」 [静岡]街なかの小さな古本市「しずおか一箱古本市 その2」