[沼津]新しいコミュニティスペース「わたらいクリーニング」完成間近!しまやん ×今日のこうじ対談

わたらいクリーニング店内からリコー通りを眺める

沼津市駅北口にあるリコー通りにある「わたらいクリーニング」。閉店したこの店舗が、沼津の新たなコミュニティスペースとして、生まれ変わろうとしています。

その発案者でありオーナー、わたらいクリーニング創業者の孫である渡会信介さん(a.k.aしまやん)と、計画当初からサポートしているフリーランスで内装・家具制作を行う永田光司さん(a.k.a 今日のこうじ)にお話を聞きました。
(取材日 2020年7月下旬)

今日のこうじによるシェア工房計画や、スペース内の写真、二人のやりとりをもっと楽しみたい方はロングバージョン記事(200円で無料版の3.7倍のボリューム!)も販売中です。
※ 購入金額は全額On Ridgeline の運営資金となります。

参考 沼津駅北口の廃業したクリーニング店が間もなくコミュニティスペースとして復活!(予定)200円で販売中別冊On Ridgeline/note

支払っている家賃を改修資金にしようと思った(こうじ)

わたらいクリーニング店内(2020年7月撮影)

しまやん もともとこの場所を使って何かやりたかった。
こうじとは前回、2018年10月の第4回リノベーションスクール@沼津で一緒になって、3日間ガッチリ徹夜した。実は、その前から知り合いではあったけど、その経験を通じて、こうじと一緒にやろうという話になりました。

こうじ ちょうど家を探していた時で、変な話、どこかの不動産屋に家賃を支払うくらいなら、ここに住んで家賃分を改修費用に回したほうがいいと思ったんです。

室内にはクリーニング店の専用機器も。今後インテリアとして活かしていくそうだ

On Ridgeline こうじくんは、もうここに住んでいないんだよね?

こうじ 2019年の秋に子どもを授かって、さすがにここで暮らすのは無理だろうってしまやんが言ってくれて…。

しまやん 実はその前、2019年の夏終わりくらいに「リノベーション全然進まないし、このままじゃ、これから先も進まないと思う。一回離れて別で考えてみよう」という話をこうじとした。

こうじ やっぱり、リスクを背負って自分でやっている人たちってかっこいい。今の俺はそれに乗っかっているだけな気がする…そう思っていました。自分の居場所が増えるのはうれしいけれど、まだ達成感まではいっていない。
当初「わたらいクリーニング」を、自分にとってのそういう場所にしたかった。

でも今は自分の工房でもあるんだけれど、みんなに使ってもらえて、ものづくりのワークショップもできる、シェア工房を作ろうとしています。

こうじは「明日、空いてますよ」っていつも連絡くれる(しまやん)

On Ridgeline 逆に、なんでこのタイミングで始動できたのか? そこが気になります。

しまやん 新型コロナウィルスの影響で仕事が止まって、空いた時間ができたから。単純にお金がなくなって、次の展開を考えないといけなくなったからです。

2020年の春から改修を始めて、こうじは「明日あいてますよ」っていつも連絡くれるし、実際に手伝ってくれる。まだ、その恩返しをできていない。

コミュニティスペース「わたらいクリーニング」のオーナーであるしまやんこと、渡会信介さん

On Ridgeline  なんでこの場所をコミュニティスペースにしようと考えたんですか?

しまやん コミュニティスペースって自由度高い。人がいれば、それはもうコミュニティスペースなわけだし。

こうじ コミュニティスペースは無限大ですよ。普通、人の実家を片付けるのにこんなに集まらないでしょ。みんな、しまやんに期待して、完成を楽しみにしているんだと思う。

ここでやりたいことをみんなが勝手に話ながら、みんなで作っている(しまやん)

On Ridgeline どういう人が手伝いに来ているんですか?

しまやん だいたい年齢が30代半ば。沼津がにぎやかだった頃を知っている人が多いです。沼津で子育てをしているお母さんとか。あと、20代前半の移住してきた若者たちも。

片付けしながら、ここで地元の駄菓子屋を復活させようとか、バーカウンター作って呑もうとか話しながら、みんなでこのコミュニティスペースを作ってます。

俺は「沼津にいてもしょうがないし、東京へ行く」って言う中高生、大学生にも、最終的にでも沼津へ戻ってきたほうが楽しいぞって伝えたい。

こうじ 子どもたちが自分の街を自慢できるくらいにしたいですよね。「東京には、これないのかよー」って言えるような。

そういう場所がたくさん増えれば、子どもたちにとって楽しい街になりますよね。

しまやん でも、だからと言って子どものためにやるわけではないから、まずは俺らが楽しそうにしていること。その背中を子どもたちに見せられればいいなと思う。それで充分。

沼津で起きてる“面白いこと”にだいたい絡んでいると噂の人。時折Instagaramのストーリー上で「#今日のこうじ」として登場する永田光司さん
参考 連載「沼津ヒトツナギ」今日のこうじさんぬまつー(仮)

今回の取材
わたらいクリーニング

住所:静岡県沼津市高島町28-15
※2020年内オープン予定

お話を聞いた人

渡会信介(a.k.a しまやん)FacebookInstagram
永田光司(a.k.a 今日のこーじ)FacebookInstagram

[沼津]狩野川のうつろいを眺めて「THE CHAMBER OF SPIRIT AND TIME」オープン [沼津]宵を待ちながら…inn the park「夕涼祭」レポート

写真と文 森岡まこぱ

御殿場市在住。フリーランスで編集・執筆を行う。現在、On RIdgeline運営中。https://note.com/makopa